風のささやき

reraiswind.exblog.jp
ブログトップ

漢字文化

日本にいるときに、
遊びで始めていた中国語だけでいきなり上海に来て早10か月。

始めていた・・・


と、いうと聞こえはいいけれど、
3年間の間に30時間なんだから、
そのいい加減さがわかると思う・・・。

しかも、その間、
中国人の子に、
日本でおいしかった食べ物ってなに~?
とか、ほとんど雑談したりしていてね・・・笑

まあ、
漢字を見ればなんとなく~って言うのは、
理解できると思うけれど、
でも実は全然違うことも多いから、注意が必要。

有名な話では、
例えば、

愛人

手紙


日本ではネガティヴな愛人も、
中国では非常にHAPPYなステディな感じだし、
日本で手紙というと、お便りのことだけれど、
こちらではトイレットペーバーだから、
本当に注意が必要。

我告訴~

というと、
日本では、なんだか尋常じゃないけど、
中国では、私が教えますね~って感じだし。


とにかく、
中国、日本、同じ漢字文化だけれど、
やっぱり、文法を見れば、
頭の構造、考え方のプロセスに違いがあることは明らか。





私が最も抵抗がある言葉に、
老婆って言う言葉があるの。

中国で、
老と言えば、尊敬語。
婆も、親しみある文字。

この二つを並べれば、
「かわいい(あるいは愛しい)奥さん」って言うニュアンスかな~

でも、どうしても、
日本ではどっちもネガティヴな時に使う文字、って言う感じがして。


我敬老、算了!随便我~
(私は尊敬するあなたの考えに従うね~的な感じかな)


と言われて・・・

敬老・・・・かあ~笑

まあ、来年孫が生まれるらしいから、仕方がないか・・・笑

でも、「おばあちゃん」なんて言わせなーい!!!


a0208995_12305794.jpg


画像は私のアパートメントのベランダから見る黄浦江。
日が沈み始めるとあちこちから明かりがともってとってもきれいです。
[PR]
by reraiswind | 2012-10-11 12:33 | 上海生活