風のささやき

reraiswind.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日は女子会、ナイスビューティの会(笑)

今日は、オフィスで知り合った女性たち(中国人女性2、日本人女性1)と、
合計4人でお食事会なのです。

たまたま、一人の女性が、
上海市内とはいえ、移動になってしまい、
なかなかランチをご一緒できなくなってしまったことから、
月に一度食事でも~ということがきっかけで、
今日はその2回目。

そして、その会の名称がなかったことから、
移動した彼女が名づけた会の名称が、
ナイスビューティーの会というわけ。

なんか、私、これ聴いて申し訳なくなるんですけどぉー
まあ、ナイスビューティー(になりたかった)会、って思うことにしておきます(爆!)

それとは別に、
少人数で集まる食事会も何となく構成されつつあります。

ロシア産のカニを国内に卸している中国人男性、
いろいろな企業に出資しつつ緩やかに社外取締役をいくつかこなしている新華僑の男性、
大連本社のリーシング会社で日本法人向けリーシングを担当している日本人男性、
最近、中国進出をもくろんでいる日系大手会計事務所の日本人男性の税理士さん、と。

あら!!!
考えてみたら、私以外は全員男性で、
しかもみんな30代じゃないのぉ~(#^.^#)オホホホ

こんなこと、あっていいのかしら。
いいのよね。
いいに決まってる。

・・・でもね、一見お食事会なんて、
ワーワーと騒いでいそうに聞こえるでしょ。

そこは結構真面目なわたくしのこと、
案外シビアなまじめな話が交わされたりして、
カルチャーの違い、教育の違い、環境の違いを乗り越えながら、
とっても有意義な時間を過ごしているのです。

こんな時間も、いつかの、何かのための時間なんだろうな~、
と、うすうす感じながらね・・・。
[PR]
by reraiswind | 2012-06-29 18:02 | 上海生活 | Trackback | Comments(2)

中国人と戦争の話、政治の話

よく、中国人との付き合い方のHOW toを書いた本に、
戦争と政治の話をしてはいけない、
あえて避けましょう・・・的なことが書いてあるんだけど。

私はむしろ積極的に話す。

だって、私は中国が大好きだし、
私が係るすべての中国人の人たちが大好きだから、
本音で付き合いたいの。
仲良くしたいの。

だから、あえてあの話題も避けて、
この話にもならないように~なんて、
やっぱりできないのだ。

私から「あえて」感じる政治の話もするし、
戦争の話もむしろ積極的に話すのだ。

でも、話せばやっぱり、話してよかったと思えるの。

彼らは、よっぽど冷静だし、よっぽど考えてる。
私なんかより、ずっときっと知識もある。

もちろん私も日本人としての主張・・・というより、
個人の主張は曲げないけれどね。

だからお互いの、その主張の中身はどうあれ、
ここではそんなことを書いても意味があまりないような気がするから書かないけれど。
しっかり自分の意見を持っていることがすごいな、と思える。

私の周りの日本人たちはそれでも政治に関心がある人たちが多いし、
考えているほうだと思うけれど。

私が付き合う中国人たちは、
それ以上に、
教育をしっかり受けている(学んでいると表現するべきかな)し、
自分の考えを持っているな、って思える。
尊敬できる人たちだな、と思ってますます好きになる。
[PR]
by reraiswind | 2012-06-28 08:38 | 上海生活 | Trackback | Comments(0)

自由の国中国、不自由の国日本

首相官邸の前で4千人強が集まったという例の一件。
どこにも報道されてない!
ということがツイッターを含めたネットで話題になりました。
その声に反応して、
メディアが書くのか、取り上げるのかするのなら、
ちょっとは健全かもしれませんが。

いまから約1年以上も前になりますが、
ある意図的なリークで、
メディアに誤報(ねつ造?)され、
過剰報道された経験がある私からすると、
本当に日本のメディア、マスコミから流れる報道は信用できない、
ということはよく理解できます。

白いものを黒にすることが出来る。

大変残念ですが、
それが今の日本の報道の姿なのです。

これまでも取材などでは経験がありました。
インタビューを受けても、
伝えたいことではなく、使いたいところだけを使われる、という経験。

でも、まさか、調べていないことをそのまま鵜呑みに書いたり、流したり。
片方だけの取材を真実と考えて報道して、しかも訂正は一切なし。
逆に、正しいことを主張するために都合のいい取材を続ける。

書かれた方はたまったものではありません。

そして、日本人は、素直すぎます。
この記事はおかしい、本当のことだろうか?と疑うことをしません。
今まで、自分が接し、感じてきたその感覚すら否定して、
活字をうのみにする幼さです。

私の心が壊れてしまった原因の一つでもあります。

私と接してきたこの時間より、そして、心を通わせてきた月日よりも、
あなたが感じてくれた、受け取ってくれた私からのメッセージよりも、
たった数行の記事を信じるの?と・・・。

中国にいると、それがとっても愚かなことのようにすら思えます。

自分で判断できないの?と。

日本にいるときに聞いていました。
中国では報道規制があるから、本当のことは国民は知らないんだよ、と。
でも、実際に中国で暮らしてみると、
どっちが報道規制があるのか、と疑いたくなります。

かなり意図的に、一定の思想を持ってもろもろの報道がされているという事実を、
そろそろ国民は気が付かなければなりません。

それに、中国では、皆さんネットを駆使して、信頼できる人の口を通じて、
あらゆる情報を手に入れています。
メディアも、ジャーナリストとしてのプライドを感じます。

どっちが、本当に自由に正しいことを知る権利を行使できているのかと、
むしろ、活字になっているくらいだから正しいだろうと鵜呑みに判断する日本人のほうが、
正しい情報から不自由を余儀なくされている気がします。
[PR]
by reraiswind | 2012-06-26 01:32 | ささやかな意見 | Trackback | Comments(0)

例えば今日の食事・・・

お料理、好きですか?
私、大好きです。

でも、ずーーーーっと仕事をしてきたせいか、
凝ったものを作れるわけじゃないんです。

ただ、仕事が終わって子どもにご飯を作る時なんかは、
とにかく15分で3品!みたいな早業でちゃちゃっと作ってました。

ようやく子どもたちの手が離れた―と思った時に、
ふと気が付けば単身で上海・・・

せっかくうでを振るいたくても相手がいましぇーん。
それに、凝った料理は考えてみたら作れなくなってるぅ・・・

というわけで、
備忘録を兼ねて休日の今日の私の食事をアップしておきます。

いえいえ全然自慢できるものではなくて、
本当の本当に自分のおなかを満たすためだけの食事なんですけどね。





~朝ご飯~

あ、画像なし!!!
先日の餃子をまた作りました。寝かした生地を起こして、
水餃子にして中国の黒酢だけでさっぱりと~
なんか、私本当に中国人みたい。
これ以外にも、結構中華的なものがおかずで登場することが多いのです。
気候がそうさせるのかなあ~



~昼ごはん~

a0208995_21214998.jpg

フレンチトーストでした~
お砂糖を使わずに、はちみつで甘味をつけてちょっと健康を意識してみました。
でも、完全に食物繊維不足ですねえ・・・
緑の小さな器の中は、カットしたパンの耳をバターでカリカリに炒めておやつに・・・。



~夜ご飯~
a0208995_2124436.jpg

ココナツミルクが大好きなわたくし・・・。
水を一切使わずに、エビのグリーンカレーを作りました。
ライムをご飯にギュッと絞っていただくと、とってもさっぱりして美味しいのです♪


そして最近の冷蔵庫の中の定番はこれです。
a0208995_21254092.jpg


クコの実と、菊の花のお茶!
菊の花は体を冷やす効果があるそうですから、
夏にはよさそうかなーと思って。
って言うか、冬もデトックス効果が高いと聞いて、ずっと飲んでいるんですけどね。
価格も手ごろだし、愛飲しているお茶ですが、
最近は冷茶にして飲んでいます。

日常的ななんてことない暮らしですが、
日本にいるころと比べるとかなりのんびりと一日一日を過ごしています。
[PR]
by reraiswind | 2012-06-24 21:30 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)

かけがえのない存在

マイペースの花ちゃん。

周りの空気を読まずに、
いやなことがあると、
まるで怪獣のように泣き叫び、
風ちゃんのものが何でも欲しくてすぐ奪ってしまう。
写真を撮る時も、
私、私、私が先―としゃしゃり出る。

花ちゃんが我が家に来た当初、
風ちゃんとのあまりに性格の差に、戸惑ってしまったこともありました。

元々、とにかく風ちゃんのことを溺愛していたから、
本当は風ちゃんのような子がもう一人いると、もっと愛情豊かな生活ができると、
そんなことをイメージしていたのですね。

なのに、この花ちゃんが、
風ちゃんとは全然違うタイプの性格だったせいか、
とにかく、風ちゃんのものを取ったり、風ちゃんにかかっていく姿を見て、
「ちょっとちょっと風ちゃんに何するのよー」という気分になってしまい。
また、そう思う自分にもすごく自己嫌悪を感じだりもしました。

多頭飼いは、私には無理・・・って、落ち込みました。
まるで新米ママみたいに・・・。

でも、いまではもう、
風ちゃんも花ちゃんもどっちもどっちも絶対に大事な私のわが子同然の宝物なの。

a0208995_20472131.jpg


ほらね、花ちゃんが「私、私^」って感じでしょ?笑

a0208995_20484860.jpg


花ちゃんが来て最初の1か月の間、
本当に花ちゃんのことを風ちゃんみたいに愛せるかしらと、
ブリーダーさんにまで弱音を吐いたことが、
今では本当に嘘みたい。

いまでは、このやんちゃで、空気を読まずに、
自分のペースで文句を言ったり甘えてきたり、
時々いたずらもしちゃう花ちゃんが、
(風ちゃんはいたずらしたことがないの)
とってもわかりやすくて大好きなのだ~

もちろん、風ちゃんも、
大事な箱に入れたまんまのまな娘ですけどね。
a0208995_20522440.jpg


ママしゃん、もしかして、今日はあたちが主役でしゅか?
花ちゃん、うれちいーでしゅ。

a0208995_2054783.jpg

[PR]
by reraiswind | 2012-06-23 21:01 | 風ちゃん花ちゃん宙ちゃん | Trackback | Comments(0)

端午節初日

中国は昨日から端午節で3連休。
先週は出張で留守にしていたこともあって、
のんびり過ごそうと思っていたのだけれど、
最近、中国の4文字熟語で、気に入った言葉を見つけたので、
これを花文字にしてもらおうと、混んでいるときにわざわざ豫園に行ってきました。

a0208995_97552.jpg


花文字技師のかたは、最初観光客だと思ったらしく、
「ナマエ、ナマエココニカイテ」というので、
私が「白手起家」と書いたら、
「オオオー」と言って親指を立てて、
喜んで書いてくれました。

そして、420元を300元にしっかり値切って来ました。(笑)

家に帰ってきてからは、
出かける前に寝かしておいた餃子の皮を麺棒で伸ばして~
a0208995_9101937.jpg
a0208995_9104877.jpg

お気に入りの具材(豚ひき肉、しょうがのみじん切り、にら、卵、にんにくのみじん切り)で、
焼き餃子を作りました~。
しょうがを入れることでさっぱりいただけるのですよ・・・
実は日本の餃子も、中国の餃子もしょうがを入れるところは少ないと思いますけど。
ふつう入れないよね???
でも、私は豚ひき肉とショウガの組み合わせが大好き!野菜もシンプルににらだけ。
普通はキャベツ、白菜などを入れますけどね。

濃いめの焦げをしっかりつけて、
中国人のように、餃子を主食にして餃子だけの食卓~。

好きな味付けで好きな焼き加減で、
もう目いっぱい、おなかいっぱい食べました。

こんな風に自分でカワから作ると
ちょっと遊んだり出来るから楽しい~。
a0208995_9134434.jpg

超ジャンボ餃子!!!

a0208995_9163283.jpg

a0208995_9162599.jpg

梅雨に入っている上海。
残りの二日は、
今度こそのんびり過ごそうと思ってるんだけど・・・
[PR]
by reraiswind | 2012-06-23 09:16 | 上海生活 | Trackback | Comments(0)

中国で暮らしていやな目に合ったことがない。

・・・って言うと、
私の周りの日本人も、
・・・中国人までもが、みんな一様にびっくりします。

でも、
本当に中国で、というか、上海で生活してこのかた、
約7か月が経過したけれど、
本当に一度も嫌な目に合ったことがないのです。

横入りされるでしょ。

青信号で渡っている横断歩道に平気で車が突っ込んでくるでしょ。

周りの携帯電話の話し声が大きくて耳障りでしょ。

時間守らないでしょ。

・・・って、いろいろ言われるし、
事実それらはほとんど、経験済みなんだけど・・・(爆)

おとといなんか、TAXIに乗ったら、
わざと遠回りされて、知ってる中国語でまくし立てて、「違うでしょ!」ってドライバーに文句言って、
上海人の友達に携帯かけて電話に出させて上海語で運転手に文句も言ってもらったけど。笑

でも。
結局これだって、
私にとってはすべて取るに足らないことなんだよねえ・・・。

横入りされたら、あ、自分がもたもたしてたな、って思うの。
ここは中国。
早く行ける人が早くいく・・・って言うカルチャーで、
だから早い乗り物である車が歩く人より優先されるわけで。

携帯電話だって、地下鉄や公共の場所でNGだなんて、
携帯の意味がないなあ、と思うことも日本じゃ多かったし。
どうせ、誰かに聞かれても、私が誰かの話の内容を聞いても、
だから、なんてことは無いし。

布市場で、17日仕上がり、って書いてあるからその日に取りに行ったら、
「出来てないよー笑」とにこやかに言われた時も、
どひゃーと思ったけれど、
これが中国時間かあーと感心した次第・・・笑

TAXIの遠回り事件は、
結局文句言って、
45元になっていたメーターに30元しか払わなかったから(いつもは28元くらいの距離)
結果オーライ!!!

たぶん、怒りの沸点が人と違うのかもしれないけれど、
とにかくここは外国で私は外国人なんだ、って思っているから。
だから、日本と同じクオリティ、同じしきたり、
同じルールなわけがない、
って最初から思っているからか、
私の中のハードルがかなり低め設定なのかもしれない。

それよりも、日本でも真似すればいいのになー、
こういうルール、いいなあーとか。
そう思うことの方に目が向くの・・・。

そういう私だって怒らないわけじゃない、カチンと来ないわけじゃない。

私がカチンとくるのは、
自分の自尊心みたいなものを傷つけられたとき。
でも、それだって、カチンとくるより、がっかりって感じの方がしっくりくる。

元々、怒りの沸点が低いからなのか、
中国の生活は、私自身は快適、快適~な気分なのです。

a0208995_1073559.jpg

まあたまに、こんなことを日系企業は地元でされたりするんですけど・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

にほんブログ村
久しぶりにこれも貼ってみよう。
上海情報、最近も仕入れました!
美味しい日本食屋さん見つけました~AZS!!!
[PR]
by reraiswind | 2012-06-21 10:09 | 上海生活 | Trackback | Comments(0)

悩んで大きくなる・・・人もいるし。

悩みから逃げちゃう人もいるけど・・・(爆)


昨日は、札幌滞在最後の夜。
楽しくて私を癒してくれる人たちと、
(いや、彼ら彼女たちはいやそうと思っているわけではなくて、
存在そのものが私にとって暖かくて、結果癒されるのだ~)
の御飯。

やっぱり誰と食べるかって大事―!!!

で、その後の予定はないはずだったのに、
急きょ23時から「経営の件で、相談に乗ってほしい」と、
ロイヤルホストにて1時まで~・・・。(眠っ)

まさに創業時に悩む悩みの壁に当たってる・・・
幼いといえば幼い悩み。

でも、その当事者にしてみると、
本当生きるの死ぬのって言うくらいしんどいこと。

その壁を超えられるかどうか。
みんな悩んだからと言って大きくなれるわけじゃない。

沢山の学びを得る人もいれば、
やっとこさ、乗り越えるだけの人もいるし、
乗り越えられない人だっているのだから。

みんなに経営の才能とスキルがあるわけじゃないし、
向いているわけでもないしね。

それはどのことにも言えることだけれど。

でもとにかく、まずは自分の立ち位置と、
まずはじめに取り組むべきこと、やるべきことを決めること。

そしたらあとは腹をくくるしかないのだ!
腹をくくらないことには始まらない。何事も、どんなことも。
[PR]
by reraiswind | 2012-06-19 08:31 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(2)

さみしがってないかなー

出張中、いつも心にあるのは、
もちろん、風ちゃん花ちゃんのこと。


私:「さみしがってないかなー」

A:「大丈夫、大丈夫、どーせぐーすか寝てるんだから・・・」

私:「だってあの子たちは私のことが大好きなんだから―」

A:「ご飯くれる人だからでしょー」

私:「毎日、仕事から戻ると、一年ぶりかのように大歓迎の儀式があるんだよー」

A:「やった、やった!ごはんがもどってきたーっておもってるんでしょ」

私:「あ、あのさあああああああーーーーーー」


この、Aさんって、






・・・私の夫、
・・・です。





出張から戻ると、
もちろん、恒例の大喜びで、
家じゅうを駆けずり回っては私の元に戻ってきて、
においを確認して、
また家じゅうを猛スピードで二回りして、
というのを何度も何度も繰り返して喜びを表現します。


が。


出張から戻ると、さらにその勢いがパワーアップするのです。

そして、その後は、ちょっとごみを捨てに行くだけのような、
お出かけと言えないようなお出かけにも、かなり敏感になり、
そわそわしたりします。



はあああーーーーーーーーーーーーーーーっ

ほんとうは出張なんかなしで、
ずっとあのこたちといっしょにいたいな・・・。
[PR]
by reraiswind | 2012-06-16 12:10 | 風ちゃん花ちゃん宙ちゃん | Trackback | Comments(2)

トーク

上海ではまだまだマーケティングの仕事がメインなのですが、
そればかりもしていられず、
ここ1,2か月の間に、
商談ぽいことを今日まで数回ほどするようになって。

そうしたら。

その時や、
そのあとの面談お礼のメールなどで、
立て続けに、
同じようなお褒めの言葉を頂戴しました。
(しかも、私寄りひと世代、二世代下の年代の人に・・・・爆)





お話がお上手でわかりやすかったです。

お話の仕方が勉強になります。

ロジカルな説明で感心しました。
うちの商材もぜひ私に代わってご説明していただきたいと思うくらいでした。

(以上、原文そのまま)




自分としては、
学生時代から学校に行くより仕事していた、
って言うくらい仕事を続けてきたし、
子どもを産んでもほぼ1か月弱で仕事場に復帰していたし、
三人目の子どもは陣痛すら会社だったし、
(テレビドラマのような、うずくまってアイタタタタッって言う感じは大げさですよーん。
あ、来たな、って感じが陣痛の最初です。笑)

なのになのに。
昨年一年間はほぼ仕事らしい仕事もせずに、引きこもりの日々だったから、
仕事勘みたいなものは、
かなり錆びついていると自分では思っているんだけどねえ。


トークだって、
自分の中でのピークは40代前半。



あの時は、
プレゼンさえ出来ればこっちのもの。
ほぼ100%の受注率、って言うくらい決めていたから・・・。笑、


そう。
そんな自分を知っているから、
いまのわたしはちょっと、どうなのかなあ・・・。
と思わないでもないんだけれど。



逆に、
力みが取れて聞き手にとってはゆったり聞ける、
という感じなののかしらん???




でもね、
まあ、お褒め頂くことはありがたいことですし、
わかりやすい、ということは伝わっている、ってことですから。

焦らず、のんびり、昔の勘を取り戻していきますよ・・・。

でも、あの頃の・・・
100%受注してました・・・
なあんて言ってたキレッキレな自分は、
実はあんまり自分らしい感じでもないんだけれどね。

むしろ今のぼけーっとした自分のほうが本来の自分だと思っています。
[PR]
by reraiswind | 2012-06-16 02:20 | お仕事☆お仕事 | Trackback | Comments(2)