風のささやき

reraiswind.exblog.jp
ブログトップ

儚いものだからこそ尊いんだよね。

私は、
日曜学校がそばにあったり、
おばあちゃんっ子だったからなのか、
お坊さんのお話を聞く機会が多かったから、
神様の存在や、あの世の存在を強く信じてる。
実際に死んだら終わりじゃないし、
この世の人、モノじゃないものも感じられるせいかもしれない。
信じてるっていうより、あるという確証。

だから、
この世とあの世は行ったり来たり。
そして、この世はまさに修業の場。
そして、
生まれたときから、
人は必ず死んであの世に帰ることを約束されている。
どうせ死んでしまうのに、
どうしてこんなに頑張ったり、
欲張ったり、悲しんだり、.
喜んだりするんだろう・・・。
って思うけどそれもすべて魂の向上のため。

日本出張中に、
実は突然の悲報を受け取っていました。

人の一生なんて、
神様の仕組んだ筋書きの中での、
あるいは宇宙の営みの中での、
ほんの一瞬の瞬きのようなものなのかもしれないけど。

それでも、
私の命はきっと誰かに影響を与え、
私も人の命に影響を受け、
あなたの命も、彼の命も、彼女の命も。
みんなの一つ一つの命も。
きっと誰かを愛し、愛されて、
この一瞬を生きているんですよね。
そして、それこそが、魂を磨き上げるためのたいせつなこと・・・。

人の一生が、
こんな風にはかない一瞬のものだったとしても、
だからこそ、かけがえのない、
たいせつな瞬間だともいえるわけで。

大切な瞬間、大切な命、大切な人を失う悲しみ・・・

人は誰でもいつか死ぬ、
そんな普遍的な事実の前にも、
やっぱり悲しまずにはいられなくて。
心からのご冥福をお祈りしています。

a0208995_09255542.jpg

[PR]
by reraiswind | 2016-04-19 09:30 | ささやかな意見 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reraiswind.exblog.jp/tb/22729614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。