風のささやき

reraiswind.exblog.jp
ブログトップ

声が出ない夢

花火の音で、昨夜は2時くらいに寝たのですが、
明け方になり、
声が出ない、
言いたいことが伝えられない、
という夢を見ました・・・。

シチュエーションとしては、
私が創業した会社の後半で採用した秘書が出てくるんだけど、
でも、明らかに現場は最近のようでもあり。
なんだか混乱した背景の中でしたが・・・。

私が会社から戻ると、
言っておいたことをやっていたような形跡がないので、
「どうして、やらなかったのか」と聞いたら、
「やりたくなかったから」
というふてぶてしい言葉が返ってきたので、
「じゃあ、その何もしなかった時間は給与から差し引いてもいいのか」と私。
そうしたら、
「それは困ります」という彼女に・・・

私は、

「そんな身勝手なことはないでしょう。
だって、事務所でお金は産んでないのよ。
稼いでくれているのは現場で私たちはそのおかげがあるから、
こうして仕事があって給料もらえているのに。
やりたくないからやらなかったっていう、
何も生んでいないその時間の給料を支払うなんて、
私は現場の人に申し訳ないと思うからできないんだけど。
あなたはそれで平気なの?」

・・・そういいたいと思って声を出すのに、
声が急にでなくなるのです。
肝心な時に、肝心なことが言えないのです。





日常の中で、
言いたいことが言えずに抑圧された状態の中で、
当然として起こりうる、
悪夢の中のごくごくありふれた症状・・・。

上手に付き合っていくしかないけれど、
前の夢よりだいぶましになってきたじゃないと思いたいけれど。

その日一日は、結構しんどいのだ。
気分転換に、
美味しいものでもたべよっかな・・・。

外では相変わらずバクチくの音。
何やらちんどん屋さん(笑)みたいな音も聞こえてくる・・・

外は、旧正月を祝う大切な一日がスタートした。

大家、新年好~!!!
[PR]
by reraiswind | 2013-02-10 15:25 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://reraiswind.exblog.jp/tb/17292800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。