風のささやき

reraiswind.exblog.jp
ブログトップ

過呼吸

実は。










杭州の最後の夜、
PTSDの後遺症ともいえる状態になっていました。






二日目の朝、
早く目が覚めすぎてしまい二度寝をしたときのこと。

その時にリアルでいやな夢を見てしまったことが、
その日、ずっと尾を引いていたのだと思います。





「私はそうじゃない」
「私は違う」




そんな思いを引きづりながらも、
でも、杭州の目に優しい緑が少しずつ私を癒してくれているかのようだったのではあったのですが。



まあ、大体は普通通りの私に戻っているせいか、
私ももう大丈夫!と思いたいこともあって、
ごくいつも通りの私でいるようにしているので、
夫が少しきつい、ちょっとした冗談を言っただけだったんですけどね・・・。





そのことが、
引き金になってしまい、いやな怖い夢と重なり、
夜中に過呼吸が出てしまいました。


友達や看護婦さんをしていた知人から、
「そういう時はまず息を思いっきり吐いてね」
と教えてもらったので、
思い切り息を何度も吐きながら、
それでも、苦しくてつい多く空気を吸ってしまう・・・

肺が空気でいっぱいいっぱいになって苦しくて
あわてるので余計に息が荒くなってしまう・・・
それでますます怖くなる・・・。


過呼吸の発作は大体10分程度で収まるのですが、
そのあともやっぱり呼吸はまだ粗いので、
すごくすごく長く感じられます。
(こんな時、絶対窒息死だけはしたくないって思う・・・。)


自分で治そうとTRYしているPTSDですが、
もういとどどこかでメンテナンスしておいたほうがいいかなー・・・。

せっかく中国にいるのだから、
漢方とか、気功とか・・・
その方向でも調べてみようかと思ったりしています。
[PR]
by reraiswind | 2012-05-06 22:42 | 日常の出来事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://reraiswind.exblog.jp/tb/15231995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゃら(0^-')b at 2012-05-07 01:07 x
素敵なヴィラに宿泊中に、過呼吸になっちゃったんですね。
大丈夫ですか?
会社で過呼吸になる人がいて、何度か過呼吸になった時に一緒にいたことがあって、ホントに苦しくてつらそうで、ただ背中をさすったりとか、「深呼吸して」とかしかしてあげれなかったことを思い出しました。
辛いことがあって、その時のことが夢に出てきたりしてしまうのですから、その恐怖は計り知れないと思います。
少しずつ癒えてきている心ですが、まだすっかりと完治した訳ではないのですから、嫌なことが続いてその症状が現れちゃったんですね。
無理なく出来るメンテをされて、PTSDが良くなられることを、本当に願っております。
Commented by reraiswind at 2012-05-07 08:02
きゃらさん、暖かいメッセージ、ありがとうございます。
最近知り合った医療関係の方が教えてくれたのですが、
心の病気、と言われているものは、本当は脳の病気なのだ、ということが最近分かってきたのだそうです。
実際に、脳を見てみると、うっ血が見られたり変化があるらしいです。
私がこの話に納得なのは、頭痛持ちじゃなかったのに、
頭の芯が痛いことが多くなってきたからです。
今まで無かった片頭痛もあります。
こうして医療の現場でも少しずつ理解が進んでいるのかもしれませんが、世の中的には偏見も多いですよね。
私もその一人でした。
だから、今ある私の苦しみは、必要なことで、
次の何かのためにきっと役に立つのだろうと思うことにしているんです・・・。
そう思わないと乗り越えられないし・・・苦笑
でも、杭州は本当に楽しかったので、大丈夫です!(^.^)v
Commented at 2012-05-08 09:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by reraiswind at 2012-05-08 21:02
・・・なるほどね、そうすればいいのかあー。
ちょっとやってみますね。
どうもありがとうございます(^.^)v