風のささやき

reraiswind.exblog.jp
ブログトップ

ここは外国、私はしょせん外国人

昨日は道路がとっても混んでいて・・・
そろそろ年末もカウントダウンに入り、
心なしか、みんなソワソワしているみたい。
日本人より、お正月を大事にしているような印象です。

私は浦東新区という、
経済開発区の金融街ど真ん中とも言える場所に住んでいるので、
それでも高層階だから、喧騒は感じないけれど。
さすがに昨夜は、
かなり遅くまで「なんだか騒がしそうだな」という気配がありましたよ・・・。

私のアパートメントの斜め向かいは、
SWFC(上海ワールドファイナンシャルセンター)で、
高層階にはあの高級ホテルパークハイアットがあり、
さらにもう一つ信号を超えるとグランドハイアットの入った大型高層ビルがあります。
(これを私は勝手に上海二大巨頭と名付けている)

a0208995_11145551.jpg

いま最もホットなのは、
さらにそのビルの斜め迎えに
(私のアパートメントから見ると道路を挟んで真正面)、
2014年竣工の中国で一番背の高い高層ビル「上海中心ビル」が建つこと!

そう、2014年には、私のアパートメントの目の前は、
わずか300mの至近距離で「上海三大巨頭」となるのです。
2013年には一部46階までが完成するらしい~。

どんなテナントが入るのか、とっても楽しみ・・・。
何やら6つ星ホテルが入ると聞いたような気もするし・・・。

そういえば、昨日、
久しぶりに日本のニュース番組を見たら、
信じられないニュースが耳に飛び込んできた・・・。

「中国不動産不況にあえぐ」というコメント。

え?どこの話???
私、いま中国にいるけど、全くそんな感覚は肌に感じないわよ~。

どうも日本は、中国が大変らしい、中国はこんなにひどい、
っていうニュースが好きですよね。
中国って、EU加盟国を全部集めた合計国土より、ずっとずっと広いのよ。
だから、もちろん、ニュースの話はそんな側面もあるのかも~。
でも少なくとも上海は右肩上がりだし、
まだ土地も「もう少し位は」上がりそうだけどね~。

そのなかでも、
特に私の住んでいる地区は、
たぶん上海でももっとも土地代が高い場所だったみたいです。
家賃相場も昨年の1割増しで軒並み値上がりしたんだそうです。

私も住宅を見て歩くときに、
最初日本で受け取っていたメールの価格表の金額と、
当日上海に来てから受け取った価格表の価格は、
確実に1割程度高かったです。

日本では土地の価格を表現するときに、一坪(約3,3平米)と言いますよね。
中国は、1平米で表現します。

今現在、私の住むアパートメントは、買うと、1平米70万円だそうですよ!
でも、先週、内陸から来たお金持ちが、
ほかの棟の空いていた部屋を50戸近く全部買い占めて行ったそうです~。
・・・お金の使い方も、桁違いですよね。
ここのアパートメントは一番狭くても100平米以上ですから、
最低7000万円以上!
平均的な広さでも150平米以上ありますから、
例えば、1億円だとしても50億円以上の買い物をしたということになります。
だから、さっきのニュースは、え?どこの話?っていう気分になるんです。

私にとって、
上海は、大好きで、生活している場所だけれど、
やっぱりここは外国です。
住宅の仕様も電気ひとつ違います。
なので、迷った挙句に、私は、家賃の分を安心代だと考えました。

上海は、特別治安が悪いわけじゃないですが、
私はやっぱりここ中国の人たちから見れば、所詮外国人です。
何かあった時自分自身で自分を守るしかありません。

雨の日に、少なくなるタクシーを現地の人と取り合うこと、
私にはきっとできません。
だから、
雨でも多少ずぶぬれになっても歩ける距離で探しました。

日本語は通じなくても、
英語が通じる警備員がいるところを選びました。

警備の人たちにも進んで自分から挨拶をして、
覚えてもらうようにしています。

もちろん、日本企業管理の日本人向けマンションもいくつかあります。
畳がある部屋だってあるし、
日本式のお風呂があって、フロントも日本語対応で。
オフィス街まで住民専用循環バスがあって~・・・。

でも、それでは、上海で暮らす意味がありません。
もちろん、
今の私の暮らしが完全な上海ローカルではないことも認識したうえで、
(たぶん住宅環境も恵まれているし、食生活もまだまだ豊かかもしれません)
それでも努力して上海の暮らしに溶け込んでいこうとする意識も大事かな、
って思っています。
私は、今、上海の中で一定の生活費の中で暮らすことを意識しています。
袋にその月の分だけを入れて、月末ちょっとでも余るように頑張っています。
出来るだけ、こちらの人の・・・
例えば、ローカル採用の高級管理職くらいの給与の範囲という感じをイメージしています。
そうすれば、
毎日シティスーパー(外国人向けマーケット)でお買い物をする気にもなりませんし、
毎日外食する気分にもなりません。
日本食レストランはオフィスビルの真上にあるけれど、
50元のランチじゃなくて、地下にある7元8元のランチがいいんです。
食器は味気ないけれど、十分美味しくて大好きです。

言葉は~、まだまだ苦手ですが、
ニュースを見たり、ドラマを見ているので、何となく音が入ってくるようにはなってきました。
日本に留学経験のあるセツさんが、
「最初の三か月は聞いているだけですけど、それ過ぎたら口から出てきますよ~」
って体験談を聞かせてくれたので、その言葉が励みです!笑

外国人が外国で暮らすときの心構えは、
やっぱり、謙虚でいることなんじゃないのかな、って。
そんな気がしています。
[PR]
by reraiswind | 2012-01-19 11:19 | 上海生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://reraiswind.exblog.jp/tb/14460706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 蘭々 at 2012-01-21 07:59 x
そうですね、そのとおりですね。
私は観光客としての上海しか知りませんが、住んでる夫はきっとそういう気持ちだと思います。
せっかく異国に住むのだから、日本人に囲まれて暮らすのではなく、その国に近い暮らしをする・・・・・私もやってみたいです。
Commented by reraiswind at 2012-01-21 14:43
蘭々さん、
年齢的なものもあると思うんです。
もし自分が幼い子供を連れて上海で暮らしていれば、
迷わず日系管理マンションだと思います。
なので、
あくまでもこの私の意見は、
一人暮らしの大人が上海で暮らす場合限定です。
ただ、できるだけ現地に溶け込んでいこうとか、もしくは知ろうと思う努力は必要ですね。
私の知り合いで、せっかく駐在したのに、
会社と美味しい食べ物屋さんしか知らないっていう人がいるって聞いて、「なんてもったいないっ!!!」って思っちゃったんです。それに触発されて生意気なことをアップしちゃいました。